学生が使えるカードローンについて知る

123

カードローンというと、社会人しか使えないと思っている人が多いですが、実際には学生でも利用する事ができるローンも存在します。

こういったローンは通常のものとは審査基準などさまざまな部分が違っているため、その違いを知らないとスムーズな手続きなどができなくなってしまいます

学校に通っている間にも、さまざまな理由でお金が必要となる場合もありますから、そういった時にこのローンについて知っておくだけで、必要となったお金を確保する手段を考えやすくなります。

こういったローンの注意点としては、誰でも借りられるという訳ではなくきちんと条件が決まっているという点です。

その条件は多くはなく、

  1. 20歳以上である
  2. アルバイトなどをしていて安定した収入がある
  3. 身分証明書がある

という3つが必須の条件となっています。

アルバイトに関しては勤務期間が短くても大きな問題はありませんが、なるべく勤務期間が無い方が審査を受ける際に有利となりますし、頻繁にアルバイト先を変えている場合は安定した収入ではないと判断されてしまう危険もあるため、気を付けておいた方が良いでしょう。

身分証明書としては、運転免許証や健康保険証といったものを用意しておくと良いです。

また、こういったローンを利用する時に気になるのは親にバレてしまわないかという点です。お金を借りる訳ですから、なるべく親にバレたくないと考える人は多くいます。

しかしこういったローンはその点にも配慮をしてくれているため、基本的に全ての連絡は本人の携帯などにだけかかってくるようになっています。

ただ、当然ですが返済が長期間滞ったり、連絡を無視し続けた場合は親に連絡がいくようになっていますから、きちんと返済をして連絡が来た時はすぐに出られるようにしておかなくてはいけません。

どうしても返済が遅れてしまうという場合は事前に連絡しておくと、会社側である程度は配慮してくれるため、きちんと連絡しておく事が重要です。

これらのローンは電話や店頭での申し込みだけではなく、インターネットや郵送物での契約が可能となっている会社もあります。こういった会社を選んでおくと、いざという時店舗まで行かずに契約が可能となり非常に重宝します。

ホームページなどで案内されている場合もありますし、複数の会社から選びたいという場合はネットのランキングサイトなどを利用する事で、複数の会社を比較しながら選ぶ事ができます。

金利や審査にかかる時間も違っていますから、インターネットのサイトを利用すれば一年を通して全国から会社を見つけ、比較する事ができて重宝するためおすすめです。→ → http://www.netlabelreview.com/

学生ローンで破産する?身近にある危険とリスク

未成年でも借りやすいイメージのある学生ローン。その名前の通り、学生でも無理なく返済できるように返済期間などが調整されたローンのことですが、いつの時代も学生ローンがきっかけで多重債務に陥り、最終的に自己破産に至るケースも決してめずらしくありません。

学生向けローンのメリットとデメリットについてきちんと理解して、計画的にお金を借りましょう

よく誤解されている点ですが、学生向けローンだからといって金利が格別に優遇されているわけではありません

むしろ、代表的な学生向けローンの平均的な金利は15%~18%と一般の銀行系カードローンと比較しても高金利であると言えます。

年利18%というと高金利で知られる消費者金融とほぼ同じ水準ですが、消費者金融とのいちばんの違いは「未成年者でも借りられる」ということであり、学生ローンのほうは申請時点で18歳以上であれば申し込むことができます(ただし高校生は不可)。

学生向けローンの大きな注意点として挙げられるのは、「両親や知り合いに借金が知られてしまう」ということです。

一部のローン会社では周囲に知られないように書類の郵送先などについて配慮してくれますが、ほとんどの場合書類は基本的にすべて自宅に送られることになり、また申込の確認の電話も自宅の電話番号にかかってきますので、両親にまったく知られずに返済を終わらせることはほぼ不可能であると考えておいたほうがいいでしょう。

厳密な意味でいえばローンではありませんが、奨学金も今や学生相手のビジネスと化しており、一部の奨学金は闇金以上に悪質な暴利をむさぼっているという現実があります。

永年支給型の奨学金でないかぎり、卒業後は収入のなかから毎月一定の金額を返済する必要があり、返済が滞れば一般のローンと同様に債務不履行と見なされてしまいます。

ここ数年は、大学卒業後も思うように就職先が見つからず、奨学金ローンを返済するだけの収入が確保できないままやむを得ず多重債務に陥ってしまう、という負のスパイラルが増えているようです。

奨学金は学生向けローンとは違って金利が低くおさえられていますが、借金であることに変わりはなく、学生を食い物にする悪質業者が増えているという現実もきちんと理解しておきましょう。

学生の間にまとまったお金が必要になるケースはそれほど多くないはずですので、成人になってクレジットカードを取得するか、安定した収入を確保したうえで銀行系のカードローンを申し込むなど、若いうちから多重債務に陥るリスクをあらかじめ減らしておきましょう。

お金を借りるなら銀行系と消費者金融系の違いを知っておくと良い

chigai

お金が必要になった時、カードローンなどを利用してお金を借りる事を考える人は多くいます。しかしこういったカードローンには消費者金融系とこちらのふたつの種類があり、それぞれに金利や審査にかかる時間といった違いがあります。

この違いをきちんと知っておかないと、どちらを利用するかを判断しにくくなってしまうだけでなく、利用した後で思わぬトラブルの原因となってしまう場合もありますので、その違いについてきちんとした知識を得ておきましょう。

では金利や審査の時間といった部分で、このふたつにはどういった違いがあるのでしょうか

ふたつの違いとしてまず挙げられるのが金利です。消費者金融系のカードローンは金利が高めに設定されているのに対して、こちらは低めに設定されています。

金利は返済する時に大きく関わってきますから、返済の時の負担を少なくしたいと考えている方はなるべく金利の低い方を選んだ方が良いでしょう。

金利を気にせず借りてしまうと、返済する時の金額が大きくなってしまい、生活の負担になって返済が滞ったり返済そのものができなくなってしまう可能性があります。

返済ができないと生活の負担が続くだけでなく、ブラックリストに登録されてしまうなど、その後の借り入れにも問題が出てきますから返済計画を立てるためにもきちんと金利は見ておきましょう。

もうひとつの違いとして審査にかかる時間があり、これはお金を借りるカードローン会社を選ぶ際に特に気を付けておきたいポイントです。

消費者金融系の場合、即日融資が可能という会社も増えてきていますし、もともと審査にかかる時間が短い会社が多いです。

しかしこちらの場合はどうしても審査に時間がかかる場合が多く、最長で1週間ほど審査に時間がかかってしまう場合もあります。

お金が必要となる場面では、すぐに必要になる場面も多いですからそういった時には消費者金融系を利用した方が安心できますが、必要となるまでに時間があり金利が低い方が良いという場合はこちらを選んだ方が返済もしやすく安心です。

また、限度額もこのふたつでは違いがあり、消費者金融系よりも銀行系の方が限度額が高く設定されています。企業が利用する場合、高額のお金の借り入れが必要となる場面もありますから、そういった時にはこちらを利用した方が良いでしょう。

消費者金融系と比べて借りられる金額が高く、金利も低いといったメリットがあるだけに返済できるかどうかを慎重に判断しなくてはならず、審査に時間がかかってしまいます。

利用する際には、ふたつのどちらが今の自分にとって利用しやすいかを考えてはどうでしょうか。